企業も必死・・・従業員には嬉しい入社祝い金!!

入社祝い金を受け取るには条件があります

企業の募集内容を見ていると入社祝い金をもらえる企業もありますね。入社祝い金は入社後、企業が定める一定期間在籍しているともらうことができます。しかし、企業が定めた一定期間の間に退社した場合には、入社祝い金を受け取ることができません。入社祝い金の金額は各企業によって異なりますが、最大でも10万円くらいで最低だと3万円の企業もあります。入社祝い金を受け取った後、直ぐに退職しても返金することはありません。

人手不足だからこそ、入社祝い金を渡す

現在はどんな企業でも人手不足なので、各企業が定めた金額の入社祝い金を渡しています。企業は新しい人材を集めるには大金を使って、人材を集める時代になっています。企業が新しく入社してきた人材に渡す入社祝い金は経営のために使用するお金なので、経費として扱うことが可能です。入社祝い金の金額が大きくなる程、少しでも多くの人材を欲しがっていることになるでしょう。入社祝い金を支払って人材を集めても実際に活躍する人材なるかは分かりませんね。

お給料とは別にお金がもらえる入社祝い金

従業員にとっては入社祝い金は非常に嬉しいお金でしょう。入社後会社が定めた一定の期間在籍していると自動的にお給料と一緒にもらえるお金です。お給料は時給などの場合は実際に働いた時間でお給料が決まりますが、実際に働いた時間のお給料にプラスして入社祝い金が渡されるのは本当に嬉しいですね。でも、会社側が定めている一定の期間内に会社を退職してしまった場合には入社祝い金を受け取ることができないので、どうしても最低でも一定期間働かなければいけません。

住み込みの求人とは、会社が用意した寮などで住み込みながら働ける求人です。そのため、アパートやマンションを借りる前の仮住居にしたり、別の地域から来て期間限定で働きたい方などが利用しています。

Related Posts