意外と知らない!?単身赴任の際に活用できるマンスリーマンション

マンスリーマンションとは何か

昇進や何らかの事情から、家族と離れて生活する単身赴任を選ぶ家庭があります。その際社宅などが用意されている企業であれば問題ないのですが、そうでない企業であれば自身で生活する物件を探さなければなりません。ですがそういった時に強い味方となってくれるのがマンスリーマンションです。マンスリーマンションとは一言で言えば家具や家電などが予め用意されている物件で、契約後からすぐに生活が始めることができる物件のことを指します。

マンスリーマンションを選ぶメリット

マンスリーマンションを選ぶ大きなメリットとして、上記のようにすぐに生活できるという点が挙げられます。また敷金や礼金などが必要ない物件も多く、初期費用を大きく抑えることができるため、経済的負担が少ないのは魅力です。更に通常の物件などに比べ、交通の便などに優れている物件が多く、仕事だけでなくプライベートを充実させることが可能となります。そのため社会人だけでなく学生にとってもマンスリーマンションを利用する上で多くのメリットを享受することができます。

マンスリーマンションのデメリット

一方マンスリーマンションのデメリットとして挙げられるのが、賃料の高さが挙げられます。特に契約する機関によっては同じ間取りの物件と比べても割高になることが多く、結果的に負担が増えてしまうことがあります。また家賃が会社負担の場合は、上記のような賃料の高さから別の物件を探すように会社から指示される場合もあります。このようにマンスリーマンションにはメリット及びデメリットが存在するため、単身赴任などの際に利用するときは、しっかり引く検討を行うことが重要です。

マンスリーマンションとは月単位で賃貸できる部屋です。冷蔵庫やエアコンなどの生活必需品が備わっており、必要経費を最小限に抑える事が可能です。

Related Posts