今日から出来る!面接に合格するための三つのポイント

身だしなみを普段から気にする

面接の際、第一印象が大事です。面接という短い時間では、こちらの全てをわかってもらうことは出来ません。わかってもらえない中で面接を合格しなければなりません。そのためには、まず身だしなみを整えることは最低限しなければなりません。面接会場に、髪がぼさぼさのふけだらけで来た面接希望者に良い印象を持つ面接官はまずいないです。普段から身だしなみに気を付ける習慣をつけましょう。そうすることで、いざ面接になって時も、自然と綺麗な身だしなみをすることが出来ます。

誰かと会話するときに面接官を意識する

友達と会話をするときに緊張しますか?おそらく緊張することはないでしょう。ですが、面接官との面接は緊張してしまいます。面接と友達との会話はまるで違うようですが、同じコミュニケーションです。友人と信頼関係を築いたように、面接官と信頼関係を築ければ合格します。そのためのヒントは、普段のコミュニケーションの中に潜んでいます。友人があなたを信頼してくれるのには、何か理由があるはずです。その理由を友人との会話の中で発見し面接に生かせれば、強力な武器になるでしょう。

丁寧な言葉使いを勉強する

丁寧な言葉使いは最低限のマナーです。普段使いなれていないと、「だよね」「そうだよ」等の語尾を面接で使ってしまいがちです。ですが、面接官に良い印象は与えないでしょう。ビジネスの電話応対の際、お客様からの電話で「だよね」等の語尾を使われては困るからです。こういったことにならないよう、普段から丁寧な言葉使いは勉強し、いつでも使えるようにしましょう。こちらの言葉使いに関しては、勉強すれば出来るようになるので、つまらないところで減点されないようにしっかり勉強しましょう。

新卒紹介では、職場の雰囲気や仕事内容などを実際に感じることができるため、自分に合った職場が見つかります。

Related Posts