介護で役に立つ知識とは?知っておきたいことを紹介!

ボディメカニクスを使おう!

身体介護となると、介護者の体にも大きな負担がかかりがちです。より介護者の負担を軽くするために、ボディメカニクスを利用しましょう。ボディメカニクスとは、骨格、筋肉などを中心とした体の動きのメカニズムを利用した介護の技術のことです。原則として、対象者になるべく近づく、支持基底面を広く持つ、重心を低くするということが挙げられます。また、介助を行うときには体をねじらず、大きな筋肉郡を使うことも大切なことです。

介助道具を活用しよう!

介助者の力のみでは、ボディメカニクスを活用していても負担はかかります。そこで、道具を使って負担を軽減しましょう。よく使うものにスライディングボードやシートと呼ばれるものがあります。これは、寝たきりの人を車いすへ移乗するときであったり、体の位置を直すときに使用します。このスライディングボードは、まず、対象者の体の下に敷きます。その後、介助者が対象者を動かしたい方向にシートを動かすことで対象者の体の位置を変えることができるものです。介助者の体を守るためにも、介助道具はどんどん使いましょう。

緊急時の対応について考えておこう

緊急時は突然やってきます。その時にパニックしてしまわずに落ち着いて対処できるようにしておきましょう。まず、予め年齢や血液型、訪問診療先もしくはかかりつけ医の連絡先を目につくところに常においておきましょう。忘れてはいけないのは、病名や服薬中の薬についても必ず分かるようにしておくことです。救急車を呼ぶにしても既往歴や服薬中の薬は重要な情報になります。重要な情報はいつも決まったところに保管するか、冷蔵庫等目のつくところに保管しましょう。

介護の求人を探したいのでしたら、介護専門の求人サイトを利用することがおすすめです。専門の求人サイトでしたら、求人数も多いですし、好条件である非公開求人を探すことも可能になります。

Related Posts