しっかりやってる!?転職を行う際にやっておきたいポイントとは

まずは基本!転職先を探すには

現在の職場への不満や環境の変化から、転職を検討することがあります。その際失敗しないためにも、まずは次のようなポイントを押さえながら転職を行う必要があります。まずなんといっても転職先探しです。多くの人はハローワークなどで探すことになりますが、専門的なスキルや経験を持つのであれば、専用の求人情報サイトを活用するほうが同じ職種の転職先を簡単に見つけられることもあります。また場合によってはオファーや知り合いから引き抜きなどを受けることもありますが、その際就職条件などについてはしっかり書面に残しておこないと、後々トラブルとなることもあるため注意が必要です。

転職先が決まったら?

転職先が決まったら、いよいよそれに向けて活動を行っておくことになります。現在の職場には最低でも転職の1ヶ月前には伝えておき、雇用保険やその他の保険について手続きを依頼する必要があります。また転職するまでに日数が空く場合、条件によっては失業給付金を受け取ることも出来るため、それらの手続きについても事前にチェックしておくとよいでしょう。同時に社会保険から国民健康保険への切り替え手続きが必要になることもあります。

立つ鳥跡を濁さず!転職前にしっかりと引き継ぎを

社会保険をはじめとする様々な手続きが終わった後、転職を行うまでにしっかり後任者に対して引き継ぎ作業を行っておかねばなりません。これを怠ると新たな職場で働き始めても問い合わせを受けたり、しっかりと引き継ぎを行っていなかったせいで取引先に迷惑をかけてしまった時には場合によっては損害賠償などをされてしまうこともあります。そのような事態を避けるためにも、まずは自身の業務についてマニュアルを作っておいたり、取引先に自身の退職や引き継ぎについて説明をしておくことをお勧めします。

営業の転職サイトならば、全国の求人情報が掲載されていますし、応募要項が詳しく明記されていますので、とても便利です。

Related Posts