結婚・出産・子育てと仕事~あなたの選択は?~

結婚後は仕事を続ける?

結婚後に仕事を続けるか、いわゆる「寿退職」をするか、悩んだ経験のある人は多いでしょう。今は女性が結婚する平均年齢も高くなってきていますから、結婚する時期にはちょうど仕事面でもある程度のキャリアを積んでいて、「まさにこれから!」ということも多いようです。結婚相手の仕事の都合などで退職せざるをえない場合もありますが、自ら進んで結婚を理由に退職する女性は減少傾向にありそうです。結婚しても夫婦間でお互いの仕事を尊重し、それぞれ自立しながらもお互いに助け合うという結婚スタイルが、現代の結婚スタイルと言えそうです。

出産後は仕事を続ける?

女性にとって人生の転機となるのが出産です。結婚後は仕事を続けることができても、出産後は子育てという大仕事ができますから、それまでのように仕事を続けるのは簡単ではありません。夫の理解と協力・周囲の協力があってこそ、子育てと仕事の両立が可能となります。今は産休・育児休暇をとって、また復職するというのも珍しくありません。「子供を預けて仕事するなんて!」というのは一昔前の話です。ただし、子供が小さいうちは、子供の急な病気や保育園の都合などで、短時間勤務しかできなかったり急に休みを取らなくてはいけなくなったりと、「子供にも職場の同僚にも申し訳ない」「どちらも中途半端になってしまう」などと悩むワーキングマザーも多くいます。しかし、そんな悩みも数年間に限ってのことです。子供が大きくなれば育児の負担も減りますし、「自分を育てるために一生懸命働く親の姿」「仕事で生き生きとしている親の姿」を見せることは、子供にもよい影響を与えられるでしょう。

子育てが落ち着いてからの復職は?

今はワーキングマザーが多くなってきて、出産後に専業主婦をしているとラクしているかのように思われることもあるようです。しかし、「まずは子育てに専念」と決心し、子供の世話から家事全般まで、休み無く家族を支える専業主婦も、立派な「ワーキングマザー」ではないでしょうか。そして、子供が園や学校に入り子育てが落ち着いてきて、さらに塾や習い事で出費も増えてくると、「そろそろ仕事でもしなくちゃ」と考えるかもしれません。何年も社会から離れていた主婦には、復職することが不安な人も多いでしょうが、「主婦」や「子育て」の経験は、仕事にも大きく役立つことを感じるでしょう。それに、主婦向けの「ワーキングセミナー」や検索サイトもあるので、上手に活用して、無理の無いところから仕事を始めてみましょう。

主婦のパートは、空いた時間を有効活用しながら働くことができ、出費が多い場合でも家計を助けることができます。

Related Posts