働くパパやママを助けよう!様々な人や制度

子育て支援~保育園~

自治体の支援として一番多いのが保育所のサービスがあります。このサービスは働いている両親や、病気などの都合で家庭での保育が難しい場合に受ける事ができます。自治体にもよりますが、朝7:30~18:00まで保育してもらえます。第二子や第三子には保育料の割引がある場合があります。保育士による子育て相談を行なっている場合もあります。また、園庭を開放している保育園もあり、遊び場となっている保育園もあります。そんな保育園を活用してみましょう!

子育て支援~病児後保育~

子供が病気になった場合でも仕事を休めない場合があります。そのような時に大きな味方になるのが、公立の病院などが行なっている病児後保育があります。担当の小児科の医師の許可があれば、即日利用可能となります。病院の中にあるので服薬指導も行ってもらえます。除菌されており、環境面は最高によいです。万が一病状が悪化した場合でも小児科医がすぐに対応します。対応するのは保育士だけでなく、看護師も常駐しているので安心ですよ。

子育て支援~様々な相談体制~

様々な形で子育てに関する相談体制があります。働いているお母さんのはために夜間の相談にも対応している場合があります。市役所や保育園だけではなく、地域には子育て支援センターを設置している自治体が多く、そちらには常時保育士や保健師が常駐しています。子育てに関する相談であれば何でも相談可能です。必要に応じて児童福祉法の紹介をしたり、保育園や幼稚園を紹介したり話し合いの場を設けたりするので、とても安心ですよ。

何かと身動きがとりづらいシングルマザーの仕事として、最近人気なのが、在宅ワークです。最近はネット環境があればできるお仕事も増えているので、保育園に入れられないといった方からも人気です。

Related Posts