介護の時の対応が知りたい!性格によって変えてみる

明るい性格には冗談を言う

介護は、相手の性格によって対応を変えてみると、気分よくしてもらうことができます。話を行う時に冗談を交えながら話していくと、人によってリラックスしてもらうことができます。元々性格的に明るく、ジョークが好きな高齢者は、楽しい会話を好むので、ジョークを交えながら話を行ってみるとよいでしょう。また、お互いに話をしやすい雰囲気になることで、信頼を寄せてもらえるようになり、介護もしやすい状態になってきますよ。

真面目な性格には丁寧な対応

真面目な性格の高齢者の介護では、丁寧な言葉遣いに気を付けることで、介護の時の会話もうまくいくようになってきます。真面目な性格の方は、冗談を言うよりも丁寧な敬語を使ったり当たり障りのない対応の方が、よい印象を持ってくれるのです。言葉遣いに気を付けて接してみることで、相手の高齢者の心も掴んでいけるようになり、お世話もしやすい状態になってくるでしょう。どうしても心を開いてもらえないと感じたときには対応に気を付けるとよいです。

言っていることを認める

高齢者の方は、それぞれに考えていることや要望が異なってるので、出来るだけ積極的に会話を行っていく必要が出てきます。会話を交わすことにより、お互いに信頼感がうまれてきますが、高齢者の言っていることを否定しないように気を付けるようにしましょう。認知症の症状によっては、現実的ではないことを言ったりしますが、その際に否定してしまうと高齢者の心を引き寄せられません。非現実的なことであっても、認めてあげるとよいです。

介護に就職をする事によって将来を安定させる事が出来ます。これからの時代に必要とされている業界ですので安定します。

Related Posts